和歌山市みやげ・新名物


d0078228_2220859.jpg

今イチオシの和歌山市のお菓子

「紀らやか(きらやか)」です。





例えば広島の「もみじまんじゅう」や松山の「タルト」京都の「おたべ」のように
沢山のお店で統一して販売できるお土産をと
和歌山市が新しく開発して発売したお菓子です。

今、市役所西隣の「紫香庵」はじめ「鶴屋忠彦」「駿河屋」「サブール」など
和歌山市内の8つの菓子店で販売中。

洋菓子風和菓子で外側は焼き芋味の皮。 中はあっさりこし餡または、黄身餡。
(中身はお店によって異なるんだそう)

「紫香庵」は小豆のこし餡、 「鶴屋忠彦」は、黄身餡 でした。
どちらも美味しかったです。
「焼き芋味」の外側は、香ばしい風味がGOOD!
一度ご賞味ください~。  結構おすすめです。

d0078228_22205115.jpg


d0078228_22232615.jpgd0078228_2223401.jpg
美味しい~~~二人とも大のお気に入りです。
[PR]
by kisyu-yoitoko | 2006-11-06 22:24 | 紀州よいとこ