東京・神田にある珈琲店「カフェ・ビィオット」

d0078228_2463727.jpg


d0078228_126350.jpg









紀州和歌山とは、
実は深い縁があったのです。

前にご紹介した、田辺の上秋津にある
「いこら茶屋」
ここでは、美味しいウガンダの珈琲を飲ませてくれます。


このウガンダのコーヒーを飲ませてくれるお店は
全国でも「いこら茶屋」と、ここ「ビィオット」だけなんです。

「カフェビィオット」では、「世界珈琲紀行」と題して、
世界各国の美味しい珈琲をご紹介しています。そんな「世界の珈琲」のひとつとして
また、アフリカの支援の手助けとして「コーヒー一杯から」をテーマに
ウガンダのコーヒー「ブギシュ・エルゴン・ウガンダコーヒー」を紹介しているんだそう。


d0078228_12858.jpg


「ブギシュ・エルゴン・ウガンダコーヒー」は
ウガンダのコーヒーの主要生産地の一つ ブキシュで収穫されたコーヒーです。

このコーヒーは、やや深めのローストにより芳ばしい香り、
ソフトな口当たりが楽しめるんだそうですよ。

「いこら茶屋」のマスターがウガンダ珈琲に惚れ込み、
ウガンダ珈琲がご縁で双方のマスターの交流が始まったとのことでした。


今回、「弁慶と玉虫」は、「いこら茶屋」のマスターから
「カフェ・ビィオット」をご紹介頂き、お邪魔しました。
あいにくウガンダコーヒーは売り切れとなっていましたが、
美味しいコーヒーを淹れていただき、いろんなお話を聞かせていただきました。

そのひとつが、テレビドラマの撮影に使われたというお話。
昔ながらの趣きあるお店がピッタリだったのでしょう。
最近までオンエアされていた「クロサギ」のロケに使われたんだそうです。
マスターが大切な台本を見せてくれました。

d0078228_1262476.jpg


また「ビィオット」では、
手作りケーキも人気メニューとなっています。
シフォンケーキやロールケーキが人気のようです。
もちろん、とっても美味しかったです。

d0078228_1255281.jpg


そして、なによりも居心地の良いお店でした。




d0078228_2253455.jpg

*深みのある珈琲にピッタリのパートナー。
やさしい甘みのロールケーキは、フルーツの甘酸っぱさと相性ピッタリ。(玉虫)
[PR]
by kisyu-yoitoko | 2006-08-20 01:29 | 紀州よいとこ