これぞ「紀州穴場グルメ」
とっても美味しい「せち焼き」をご紹介~。
見た目は「お好み焼き」。


d0078228_2247319.jpg



しかし知る人ぞ知る「紀州のグルメ」
巷では「幻のお好み焼き」といわれています。


実は「お好み焼き」ではないのです。

これが、「せち焼き」の正体。


d0078228_2247443.jpg

最初は「焼きそば」なのです。

ソース焼きそばを仕上げて、そのあとこんもりと山型に。
真ん中にくぼみを作ってそこに卵を2~3個割り入れます。
そして、卵と焼きそばをからめます。
卵が半熟状態のまましっかりと焦げ目だけつけて出来上がり。

中は半熟。外はかりっとアツアツ。
特製ソースとマヨネーズでとろける美味しさです。

「せち焼き」の由来は
地元の方言「せちがう=からめる」から来ています。

「元祖・せち焼き」のお店「やました」はこちらです。




d0078228_2284519.jpg*お薦めポイント*
昔から高校生たちの空腹を満たしてきた老舗のお好み焼きやさん。
「せち焼き」が有名になって、「自分こそが名付け親」「私こそが産みの親」という人が続出しているとか!
ここの鉄板で焼いたもらったものはホントに美味しい~♪
とろけるような味わいです。 ビールもすすみます。 (弁慶)
[PR]
# by kisyu-yoitoko | 2006-07-27 22:48 | 紀州よいとこ
「塩味のロールケーキ」なんて初めて!

d0078228_2237814.jpg


ワイキキビーチと姉妹浜提携している
南紀白浜の「白良浜ビーチ」。
その「白良浜」のしょっぱい海水をイメージしたロールケーキです~。
その名も「白良浜塩ロール」

田辺市の洋菓子店「マリブ」さんで販売されています。

d0078228_22374269.jpg




天然塩を使ったクリームがポイント!
ふんわり卵のスポンジでくるくるっとロールしたケーキは、
しっかり冷やされ固められています。


いただくときは、
適当な厚さにカットして、 レンジでほんの少し(10~20秒くらい)
あっためて、クリームがやわらかくなったところで召し上がれ!

塩クリームが溶け出し、
ほんのり甘く、ほんのりしょっぱく、なんと絶妙な美味しさなのです。
トッピングのナッツがぷちぷちっと口の中ではじけて、
これもいい感じ。

細かく砕いたナッツは丁寧にお砂糖でコーティングされているので、
クリームの塩味に対していいアクセントになっています。

「マリブ」のご主人・寺本勉さんは
とっても熱心なお菓子職人さんでしたよ。

d0078228_22414828.jpg



素材にこだわったお菓子作りへの情熱はもちろん、
美味しいコーヒーを入れるための「水」へのこだわりも「タダモノ」ではありません。
さらには、ご自身の畑を持ち、ラズベリーを育てておられるとのこと!
もう「スゴイ!」の一言に尽きます。


マリブについて詳しくはこちらをご覧下さい~。



d0078228_22657100.jpg
*お薦めポイント*
初めて食べて感動したケーキです。
しょっぱさとぷちぷちっとしたナッツの甘みがたまりません。。。
少し溶けるくらいが美味しいですが、
しっかり冷やしたものもOK!   (玉虫)
[PR]
# by kisyu-yoitoko | 2006-07-27 22:43 | 紀州よいとこ
取材で行った素敵なCAFEをご紹介しましょう~♪

CAFEなんて
洒落た名前はいらん!とばかりに
お店の名前は「いこら茶屋」

田辺市は、上秋津の 農産物直売所『きてら』の敷地内にあります。


d0078228_2222996.jpg



山小屋風の建物は、
自然素材を生かしたインテリアが素敵ー。

d0078228_22224131.jpg


そして、奥のデッキは 川に張り出したオープンカフェ。


d0078228_2223941.jpg



アジアンな雰囲気がなかなか粋なのです。

ここで味わえるのは、
農家の青年たちが丹精込めて育てた柑橘類を搾った生ジュース。
そして、ウガンダ産の豆で淹れた珈琲。


d0078228_22234072.jpg


d0078228_22331897.jpg


なにもかも興味をそそられます~。

『きてら』のHPはこちらです。
[PR]
# by kisyu-yoitoko | 2006-07-27 22:33 | 紀州よいとこ
「茶がゆ」は、紀州の食文化を語る上で欠かせないもの。
米に10倍ほどの水を加え、 茶袋に入れたほうじ茶で煮て作ります。

d0078228_22114180.jpg


紀州人は、朝食・昼食問わず「茶がゆ」を食します。
冬は、ふうふういいながら。 夏は冷たく冷やしてー。
主食というより、お茶代わりといったほうがいいのかもしれません。

そんな「茶がゆ」が、「御膳」として登場!
このほどオープンした郷土料理のお店「紀州熊野本陣」の「古道御膳」です。

d0078228_2212513.jpg


こんなに品数豊富。「お茶代わり」なんてとんでもない!
お腹いっぱい充分なボリュームです。
いつも食卓で目にしているものばかりなのに、
少し手を加えるだけで豪華に見えるから不思議です。

しかし、どれも素材の良さを引き出していて、美味しかった~~!!

その昔、あまりの大きさに目を見張って食べた「めはり寿司」
高野山の「胡麻豆腐」
黒潮の海で獲れた「お魚の干物」
金山時味噌
サツマイモの天ぷら
梅干・お漬物  シンプルで味わい深い内容です。

茶がゆは、家庭で食べるものより、水分を少なく堅めに炊き上げているので
おなかにずしんと来ます。
そして、デザートは、
玄米珈琲に、梅ソースのレアチーズケーキ。

d0078228_2212214.jpg


これで、一人前¥2000ーから。
「え~??これだけあって??」とびっくりですが、
これは立派な「おもてなし料理」でした。
是非ゲストをお連れしたいお店です~。

『紀州熊野本陣』の詳しい内容はこちらをごらんください~


d0078228_2274043.jpg*お薦めポイント*
紀州の人にとっては茶がゆは家庭料理。だからおもてなしには向かない?と
思いがちですが、ここの茶がゆは「おもてなし」にぴったり!
いろんなメニューがありますので、ぜひぜひお試しを。
お値段も安く、お店の雰囲気もとってもいいですよ~。 (玉虫)
[PR]
# by kisyu-yoitoko | 2006-07-27 22:15 | 紀州よいとこ
初めまして~。 紀州のご案内役
「武蔵坊弁慶&玉虫」です。

d0078228_854819.jpg


まずは 紀州・紀の国に関心を持ってこのブログを訪ねてくださった皆様に
お礼を申し上げまする。

紀州は、豊かな自然に恵まれた素晴らしいところです。

世界遺産となった熊野古道はじめ、霊峰・高野山。
美しい海・山・川。
海の幸・山の幸。
心身ともに癒される温泉。

数え上げればきりがありません。

このブログでは、紀州で暮らし、紀州を掘り起こすことに喜びを見出している
私たち 弁慶&玉虫が
紀州のとっておきの場所、お薦めのお店などなど
ご紹介してゆきます。

紀州を訪ねる皆様のお役に立てれば幸いです。
[PR]